#868. 蘿蔔糕+金針肉絲@青葉新館.横浜中華街 - 老舗台湾薬膳料理店。百合の蕾はユリ科ワスレグサ属ワスレグサ。

2012-01-28

横浜中華街の老舗台湾薬膳料理店青葉新館 (あおばしんかん) にて、晩飯。

とりあえず、蘿蔔糕 (大根もち)。ラージャン (辣醤?) をつけて食べる。うーん、美味いなあ。ビールにあうのだが、さすがにこの寒さなので、温めた紹興酒を1合。

金針肉絲 (生ユリの花と豚肉の細切り炒め) @青葉新館.横浜中華街

金針肉絲 (生ユリの花と豚肉の細切り炒め) @青葉新館.横浜中華街

金針肉絲 (生ユリの花と豚肉の細切り炒め) は、薬膳料理メニューからオーダー。金針=金針菜、肉=(この場合は) 肉、=細切り。青葉新館は、台湾薬膳料理を出す。どれも美味しいのだけど、金針を使う料理が一番好み。

写真の細長い緑色の食材が金針菜百合の蕾と言われるけど、正確には、ユリ科ワスレグサ属ワスレグサ萱草 (カンゾウ) の蕾。和歌には夏の季語忘れ草漢文漢詩には忘憂草として登場する。気持ちを落ち着け、憂鬱を和らげると言われている。

花の蕾と言っても、野菜と同じ感じの食材。それ自体には味はないのだけど、食感が楽しい。野菜より柔らかで、ゆっくり噛むとプチンと切れるような感じ。

関連記事

新着記事