#1491. 炒海瓜子+水餃+瓜子蒸肉@青葉新館.横浜中華街 - アサリ炒め、水ギョーザ、豚肉と台湾風キュウリ漬けの蒸しもの

2015-04-08

横浜中華街蘇州小路の老舗台湾薬膳料理店青葉新館 (あおばしんかん) にて晩飯と言う名の晩酌。

青葉新館は、横浜中華街では珍しい台湾料理 (臺菜) と薬膳料理を出す店。 もちろん台湾料理以外の料理も出す店だけど、今回は台湾料理を食べたくて訪問。

炒海瓜子 (アサリ炒め) @青葉新館.横浜中華街

炒海瓜子 (アサリ炒め) @青葉新館.横浜中華街

一皿目は台湾料理炒海瓜子 (アサリ炒め) をオーダー。

海瓜子浅蜊と訳すことが多いけど、日本の浅蜊とは別種の2枚貝らしい。 まあ、日本でオーダーすると浅蜊を使う料理となるので、間違いとも言い切れない。

炒海瓜子はちょっとだけピリ辛。 とろみのあるソースには浅蜊のスープが溶け込んでいて、これが実に美味しい。 何ということもない実にシンプルな料理だが、食べだすと止まらなくなる。 酒の肴としても一級品で、紹興酒をちびちびやりながら食べると、実に幸せな気分になる。

二皿目は水餃 (水ギョーザ) をオーダー。

日本では餃子と言えば焼き餃子だが、これは日本式の料理で本式の中華料理ではない。 台湾中国では餃子と言えば水餃 (水ギョーザ) が普通。 水餃餃子を茹でるので、油っぽい焼き餃子に比べると、食べやすいお思う。 今回は、さらにサッパリ食べたかったので、中国の黒酢にあたる香醋を持ってきてもらった。 水餃に香醋をつけて食べると、非常に香り高い味わいになって、実に楽しい。

瓜仔蒸肉 (豚肉と台湾風キュウリ漬けの蒸しもの) @青葉新館.横浜中華街

瓜仔蒸肉 (豚肉と台湾風キュウリ漬けの蒸しもの) @青葉新館.横浜中華街

三皿目は瓜仔蒸肉 (豚肉と台湾風キュウリ漬けの蒸しもの) をオーダー。

これは料理の種類としては蒸肉餅の一種。 蒸肉餅は、挽肉を平たくして、蒸した料理全般を指す。 色々な種類があり、咸蛋蒸肉餅咸魚蒸肉餅などが有名だけど、台湾料理なら瓜仔蒸肉だろう。

瓜仔蒸肉の挽肉に瓜仔つまり胡瓜の醤油漬け漬けを混ぜるところが特徴。 この胡瓜の醤油漬けは台湾ではポピュラーな食材で、何種類も瓶詰めで販売されている。 日本で言うと東海漬物きゅうりのキューちゃんかな(笑) これが挽肉にプラスされると、全体にメリハリが出てぐんと味が引き立つ。 漬かってはいるけど、胡瓜のポリポリした食感も残っていて、これもまたまた楽しい。

瓜仔蒸肉の上の香菜 (シャンツァイ, パクチーコリアンダーと同じもの) は、好き嫌いが別れるところだけど、好きな人にはたまらない。 僕は大好きななので、ついつい追加で持ってきてもらい、大盛りにしてしまう(笑)

関連記事

  • more 餃子: 39 ...

浅蜊

新着記事