#1301. 甘香腊肉+羅葡絲酥餅+薑葱大蛤絲煲@菜香新館.横浜中華街 - 昼酒。広東風干し肉、大根パイ、はまぐりと春雨の煮込み土鍋仕立て。

2014-02-07

本日から5連休の予定。 午前中は厄介事を済ませる。 ここのところストレスが溜まっている自覚があって、少し好きなようにしたい気分。

横浜中華街上海路菜香新館 (さいこうしんかん) にて、遅めのランチ…と言うか昼酒。

甘香腊肉 (広東風干し肉) @菜香新館.横浜中華街

甘香腊肉 (広東風干し肉) @菜香新館.横浜中華街

の季節限定メニューから広東冬の味覚甘香腊肉 (広東風干し肉) をオーダー。

腊肉、つまり陰暦12月。 転じてこの時期にヒモに吊るして干した魚・豚肉鶏肉中国ソーセージなどの干物薫製を指す。 の乾燥した大気で風乾する。 いわゆるの味覚といったところ。

腊肉は少し炙った感じだろうか。 甘香とあるように表面に甘みがある。 何となく蜜汁叉焼 (広東風の甘みのある叉焼) と似ているなあ。 腊肉明炉 (オーブン) で炙って水飴なんかを塗ってるかな? ビールにも合うけど、これは赤ワインが合うかもしれない。

羅葡絲酥餅 (大根パイ) @菜香新館.横浜中華街

羅葡絲酥餅 (大根パイ) @菜香新館.横浜中華街

二皿目は羅葡絲酥餅 (大根パイ)。 ビールももう一本。羅葡=大根=細切りにして、酥餅=パイにしたもの。 季節メニューと言うことで、三浦大根をつかっているとのこと。

さくりとしたパイを齧ると、中身の大根はとろりとした食感。 甘みの中に旨味があり、これは美味しい。 大根のペーストみたいだなあ。

薑葱大蛤絲煲 (はまぐりと春雨の煮込み土鍋仕立て) @菜香新館.横浜中華街

薑葱大蛤絲煲 (はまぐりと春雨の煮込み土鍋仕立て) @菜香新館.横浜中華街

〆は薑葱大蛤絲煲 (はまぐり春雨の煮込み土鍋仕立て) をオーダー。 の出汁を吸い込んだ春雨が良いなあ。 口当たりもつるりとして楽しい。 いくらでも食べられそうだ。

春雨 (粉絲) を海老と炒め煮する感じの料理は、割合良く見かける。 昨年、獅門酒楼で食べた粉絲鮮蠣 (冬牡蠣と春雨のピリ辛煮込み)や、3年前に頓昌本館で食べたXO醤の芝海老春雨とかも、同じ系統の料理だと思う。 日本の春雨がジャガイモなどの芋でんぷんを材料とするのに対して、中華料理で使う本来の粉絲は緑豆を原料とすることが多いので、煮込んでも煮崩れしにくいのが特徴で、こういった炒め煮にはよく合う。 また、素材の出汁を余さず美味しく食べられので、良い調理法だと思う。

外観 - 菜香新館 @横浜中華街

外観 - 菜香新館 @横浜中華街

菜香新館

横浜中華街~広東名菜・点心・飲茶~【菜香新館】トップページ:  http://www.saikoh-shinkan.com/

菜香

関連記事

新着記事