#1172. 香辣鴨舌+棒々鶏冷麺@獅門酒楼.横浜中華街 - アヒルの舌 スパイス炒め、ゴマダレの冷やし中華。

2013-07-25

社内プレゼン終了。 参加人数が多く、緊張して変なスイッチが入ってしまい、カミカミになってしまった。 終了後の同僚の優しい言葉が妙に辛い。 練習では割りと良い感じだったんだけどなあ… 毎度のことながら、終わってから、ああ、もう一回やり直したいと思ってしまう。 我ながら情けない。

ま、終わったことは終わったこと。 それが人生と言うものだ。 帰宅して自宅で缶ビールをあけてシャワー。 その後、腰を据えて飲み食いしようと、横浜中華街へふらふら。

こんなやさぐれた気分のときには、新規開拓はやりたくない。 静かで、ほどほどに距離をおいてくれる、ガチ鉄板なお店の獅門酒楼 (しもんしゅろう) へ。

香辣鴨舌 (アヒルの舌 スパイス炒め) @獅門酒楼.横浜中華街

香辣鴨舌 (アヒルの舌 スパイス炒め) @獅門酒楼.横浜中華街

ビール。 それに香辣鴨舌 (アヒルの舌 スパイス炒め) をオーダー。

お、なんかレシピ、変わった? なんか、辣子 (唐辛子) が効いていて、よりスパイシーに仕上がって素晴らしい。

香辣鴨舌 (アヒルの舌 スパイス炒め) @獅門酒楼.横浜中華街

香辣鴨舌 (アヒルの舌 スパイス炒め) @獅門酒楼.横浜中華街

アヒルに限らず、鳥類の場合、舌の中に骨が通っている。 舌骨というやつだ。 このため、鴨舌 (アヒルの舌) を使った料理の場合、主にこの舌骨の周囲の肉を食べる。 正式にはどうか知らなけれど、だいたいは、V字型の骨の端っこを手づかみにして齧りつき、舌骨から肉をこそげとるようにして食べることになる。 あんまり上品とは言えないけれど、これが実にワイルドな感じで、興をそそられる。 まあ、女性にはおすすめできない料理かも(笑)

ちなみに、人間を含む哺乳類にもこの舌骨は存在するが、舌の中心の骨では無く、付け根あたりに筋肉を支えるようにして存在する。 犯罪小説・TVドラマ好きの方は、既にお分かりだと思うが、屍体の検死で、この舌骨が折れていることが発見されることが、絞殺の証左となるのだ。

棒々鶏冷麺 @獅門酒楼.横浜中華街

棒々鶏冷麺 @獅門酒楼.横浜中華街

辣子 (唐辛子) の影響もあるのか、むらむらと (笑) 食欲が湧いてきて棒々鶏冷麺をオーダー。 ゴマダレ冷やし中華風の冷たい麺。 この手の料理は、よく混ぜて食べるに限る。

棒々鶏冷麺 - よく混ぜたところ@獅門酒楼.横浜中華街

棒々鶏冷麺 - よく混ぜたところ @獅門酒楼.横浜中華街

胡瓜の細切りとキクラゲがタップリとしていて、料理人が食感を大事にしているとわかる。 ゴマダレ芝麻醤なので、これは同じような甘みになるので、料理人がどんなバリェーションを考えるのか考えないのかが興味深いが。

しかし、これはハマる。 ワシワシ食す。

中国茶 @獅門酒楼.横浜中華街

中国茶 @獅門酒楼.横浜中華街

棒々鶏冷麺の後に、ポットで出していただいた温かいお茶で一息。 これが口爽やかで、食道と胃腸がさっぱりとする。 僕がお願いしたのではないけれど、お店の気遣い。

支払い時に太太にお礼を述べると、やはり棒々鶏冷麺なんかののときは、最後にお茶が良いですからとのこと。 うむ、相変わらず獅門酒楼の気遣いは素晴らしい。

外観 - 獅門酒楼 @横浜中華街

外観 - 獅門酒楼 @横浜中華街

獅門酒楼

横浜中華街のグルメ中国料理l【 獅門酒楼 】しもんしゅろう:  http://www.shimonsyuro.com/

【横浜中華街 獅門酒楼】Lee (@shimon_lee) on Twitter:  https://twitter.com/shimon_lee

獅門酒楼 | Google+ ローカル:  https://plus.google.com/106127181394506765844/about

獅門酒楼

関連記事

新着記事