#1057. 塩漬け魚と鶏肉の炒飯@一楽.横浜中華街 - ランチ。エレガントでパラリとしたチャーハンをワシワシ食す。

2012-12-29

横浜中華街中華街大通り一楽 (いちらく) にて遅めのランチ

塩漬け魚と鶏肉の炒飯 @一楽.横浜中華街

塩漬け魚と鶏肉の炒飯 @一楽.横浜中華街

塩漬け魚と鶏肉の炒飯をオーダー。一楽はメニューに中国名を載せていないけど、これは咸魚炒飯だね。 塩漬け魚が咸魚 (ハムユイ)。

塩漬け魚と鶏肉の炒飯 @一楽.横浜中華街

塩漬け魚と鶏肉の炒飯 @一楽.横浜中華街

咸は鹹の簡体字で塩辛いの意。咸魚は、塩漬け魚とか干し魚とか言われる魚の発酵食品。 日本では魚の干物と言うよりくさやが近いかな。 そのままでは発酵臭が強いのだけど、料理に使うと、これがまた素敵な香りと旨味に化ける。

先日、同じチャーハンを天龍菜館でも食べたけれど、天龍菜館の方がワイルドとすると、一楽チャーハンはエレガント。特に一楽チャーハンの持ち味のパラリとした焼き具合はとても素晴らしい。咸魚の発酵臭も程よく食欲を刺激する。ワシワシ食す。うーん、幸せ。

関連記事

  • more ランチ (昼食, ヒルメシ) : 159 ...

新着記事