#1213. ツブ貝とマッシュルームのアヒージョ+トマトとアンチョビのピザ@トレス.横浜中華街

2013-09-28

眼精疲労がひどい状態で、横浜中華街上海路の指圧マッサージ店レストにて施療してもらう。 60分コースで首周りを中心にほぐしてもらい、なんとか復活した気分。

その後、夕食。 中華という気分でも無かったので、レストの隣にあるトレスに入る。 こちらはフージョン・ダイニングと言うことで、スペインイタリアあたりの料理を出す。 1階はカウンター席で独りの食事でも入りやすい。

外観 - トレス @横浜中華街

外観 - トレス @横浜中華街

もともと大勝パーマと言う古い理容院だったんだけど、数年前、閉店。 そこに百八十六番餃子という餃子屋が開店。 古い理容店の雰囲気を残しつつ店舗化したのは良かったのだが… あんまり流行らなかったみたいで、しばらくして一雲軒という中華料理店に入れ替わり、それも続かず。 一雲軒閉店後、2011年あたりに現在のトレスが開店。

トレス百八十六番餃子の残した造作を引き継いでいて、古い雰囲気がシックな感じで素敵である。 特にカウンター。 カウンターに座り、白髯のダンディーなシェフが目の前で料理を進めるのを眺めていると、ちょっとしたシェフズ・テーブルの雰囲気で、お得な気分。

ツブ貝とマッシュルームのアヒージョ @トレス.横浜中華街

ツブ貝とマッシュルームのアヒージョ @トレス.横浜中華街

さて、本日は、まずビール(笑) それに、アンティパストツブ貝とマッシュルームのアヒージョオーダー。 アヒージョは、材料をオリーブ・オイルニンニクで煮込む料理で、確かスペインタパスだったと思う。 キノコ類のアヒージョが好物なので、これがメニューに載っているとどうしてもオーダーしたくなってしまう。

熱いオリーブ・オイルからマッシュルームをつまんで、ひょいと口に放り込むと、ニンニクの香りがぱああっと広がる。 美味しいなあ。 添えられたバゲットの薄切りを、オリーブ・オイルにたっぷり浸して食べる…思わず笑みが溢れる。 追っかけでビールをぐびぐび。幸せだなあ。

2階のテーブル席に客が入っているようで、目の前でシェフが料理を作っていくのをぼんやりと眺める。

トマトとアンチョビのピザ @トレス.横浜中華街

トマトとアンチョビのピザ @トレス.横浜中華街

二品目は、トマトとアンチョビのピザをオーダー。

ピザチーズが大盛りという感じで、ちょっと苦戦 (笑) 二人でシェアすると良いぐらいの量だなあ。 アンチョビは控えめで塩味がいい塩梅。 アンチョビが効きすぎて塩味が強するぎるのが苦手なので、これは僕好み。

トレス

Fusion Dining TRES|横浜中華街 |スペイン料理:  http://yokohama-tres3.com/

Fusion Dining TRES (@yokohama_tres) on Twitter:  https://twitter.com/yokohama_tres

トレス

関連記事

アヒージョ
  • more 横浜中華街: 644 ...

新着記事