#108. 春の夜

1999-04-13

春の夜や屏風の陰に物の息

-- 正岡子規

の光、春風駘蕩には、なんとも新しくて命の横溢する気配がある一方、闇に深さがある。冬の闇とは異なる、何とも悩ましげな気配。多分それは、闇に巣食う妖怪たちの気配。彼が言う物の息はソレだ。

関連記事

正岡子規
  • more 俳句: 15 ...

新着記事