#1634. 葱油餅 (ねぎ油焼きお餅) + 台湾酥皮五香巻 (台湾湯葉巻きの香り揚げ) @好記園.横浜中華街

2017-03-11

横浜中華街南門シルクロード台湾料理 (臺菜) 店・好記園 (こうきえん) にて晩飯。

家族経営のこじんまりした店で、居心地が良い。

葱油餅 (ねぎ油焼きお餅) @好記園.横浜中華街

葱油餅 (ねぎ油焼きお餅) @好記園.横浜中華街

一皿目に、葱油餅 (ねぎ油焼きお餅, ツォンユーピン) をオーダー。

日本と違い中華料理で「餅」 (ピン, ビン) と言えば小麦粉をこねて平らな形にして焼く・蒸す・揚げるなどの調理をしたものを指す。 葱油餅は、小麦粉生地に油を塗って、を巻き込み焼いた料理。 台湾では定番の食べ歩き料理となっている。 素材も調理法もシンプルなものだが、素朴な味わいが楽しい。

葱油餅を酒肴にビールを飲めば、これは極楽。

台湾酥皮五香巻 (台湾湯葉巻きの香り揚げ) @好記園.横浜中華街

台湾酥皮五香巻 (台湾湯葉巻きの香り揚げ) @好記園.横浜中華街

二皿目は、台湾酥皮五香巻 (台湾湯葉巻きの香り揚げ) をオーダー。

「酥」は柔らかい、脆い、サクサクしていると言った意味合いで、こういった食感をもつ料理に使われる表現。 「酥皮」でサクサクした食感の皮と言った意味合いになる。 皮は日本語では湯葉と書いてあるけど、腐竹 (ふちく, フーチュー) と呼ばれる中華食材の乾燥湯葉かな。 具材は春巻と同じような感じで、豚肉の細切り、椎茸など。

関連記事

好記園
腐竹

新着記事