#1582. じゃが芋、ナスとピーマンの東北風炒め+ラム肉と白菜・凍豆腐の銅鍋煮込み 地三鮮+羊腩白菜鍋@東北人家新館.横浜中華街

2015-12-11

横浜中華街広東路東北人家新館 (とうほうくじんかしんかん) で晩飯

地三鮮 (じゃが芋、ナスとピーマンの東北風炒め) @東北人家新館.横浜中華街

地三鮮 (じゃが芋、ナスとピーマンの東北風炒め) @東北人家新館.横浜中華街

地三鮮」 (じゃが芋、ナスとピーマンの東北風炒め) をオーダー。

地三鮮」は、「地上の三つの新鮮なもの」ぐらいの意味かな。 ジャガイモ茄子ピーマンの炒め物である。 醤油に大蒜、たっぷりの油を使っているのだが、それほどしつこい味ではない。

ホッピー・セット @東北人家新館.横浜中華街

ホッピー・セット @東北人家新館.横浜中華街

東北人家新館は、横浜中華街では珍しくホッピーを置いている。 これが割と中国東北料理の濃い目の味付けに合うのである。

羊腩白菜鍋 (ラム肉と白菜・凍豆腐の銅鍋煮込み) @東北人家新館.横浜中華街

羊腩白菜鍋 (ラム肉と白菜・凍豆腐の銅鍋煮込み) @東北人家新館.横浜中華街

酒を白酒 (パイチュウ) に変えて、 羊腩白菜鍋 (ラム肉と白菜・凍豆腐の銅鍋煮込み) をオーダー。

羊腩白菜鍋 (ラム肉と白菜・凍豆腐の銅鍋煮込み) @東北人家新館.横浜中華街

羊腩白菜鍋 (ラム肉と白菜・凍豆腐の銅鍋煮込み) @東北人家新館.横浜中華街

クセのある羊肉の香りが、ガツンと来る。 これは羊肉好きにはたまらないな。 つるりとした板春雨 (緑豆粉皮?) が入っていて、これがスープに合う感じ。 羊肉凍豆腐をハフハフ食べて、追っかけて白酒をくいっと引っ掛けると、極楽気分。

関連記事

新着記事