#1556. 空芯菜の炒め物 海老味噌+ウナギ入り黒醤油チャーハン@一楽.横浜中華街

2015-09-01

横浜中華街中華街大通り一楽 (いちらく) にて晩飯。

空芯菜の炒め物 海老味噌 @一楽.横浜中華街

空芯菜の炒め物海老味噌 @一楽.横浜中華街

一皿目は空芯菜の炒め物をオーダー。 中国語では炒空芯菜かな? 野菜はあんまり食べない人間なんだけど、定期的に食べたくなることがあり、本日はそんな気分。 空芯菜 (くうしんさい, コンシンツァイ) は、茎の部分の繊維質が多いところが好きで、食感がザクザクしていてところが良いんだよね。

一楽では、空芯菜の炒め物は調味料を選べるようになっている。 ニンニク塩、XO醤、腐乳、海老味噌、の選択肢から、海老味噌をチョイス。 海老味噌蝦醤 (シャージャン, ハーチョン) と言う中国の発酵調味料の一種。 これを使うと、野菜料理の旨味とコクがぐっと増す。

蝦醤は、小海老アミなどを原料にした魚醤の一種。 魚醤と言えばナンプラーなどが有名だけど、これが液体なのに対して、蝦醤はペースト状になっている。 ペースト状なので、日本名が味噌になっているのかも。

ウナギ入り黒醤油チャーハン @一楽.横浜中華街

ウナギ入り黒醤油チャーハン @一楽.横浜中華街

二皿目はウナギ入り黒醤油チャーハンをオーダー。 なんか妙にハマる味で、これは定番メニュー化をしてもらいたい料理だなあ。

これは、最近、横浜中華街でも出す店が増えてきた黒醤油炒飯の蒲焼きが乗っているという、ちょっと贅沢な一品。 の蒲焼きなんてのは、中国には無いはずだから、一楽特製だと思う。

ウナギ入り黒醤油チャーハン @一楽.横浜中華街

ウナギ入り黒醤油チャーハン @一楽.横浜中華街

前回食べたときに、これは山椒を追加してみたいと思っていたので、太太にお願いして出してもらった。 山椒を鰻の蒲焼きに多めに振りかけて食べると、ピリリとした味わいがとても合う。 蒲焼きのタレも甘いけど、黒醤油炒飯も甘味が強いので、これが絶妙な感じ。 これは美味しい。

関連記事

ウナギ入り黒醤油チャーハン
黒醤油

新着記事