#1432. 清炒高山豆苗+蠔油豆腐@獅門酒楼.横浜中華街 - 高山豆苗と舞茸のニンニク炒め、豆腐と豚肉のオイスターソース煮

2014-10-28

横浜中華街中山路獅門酒楼 (しもんしゅろう) にて晩飯。

清炒高山豆苗 (高山豆苗と舞茸のニンニク炒め) @獅門酒楼.横浜中華街

清炒高山豆苗 (高山豆苗と舞茸のニンニク炒め) @獅門酒楼.横浜中華街

一皿目は、の季節メニューから清炒高山豆苗 (高山豆苗と舞茸のニンニク炒め) をオーダー。

清炒は野菜をシンプルに油で炒める料理。 味付けは基本は塩で、後はニンニク生姜、だし汁など。 シンプルなだけに、ごまかしのきかない料理だと思う。

豆苗と言うと、日本では水耕栽培のスプラウトが一般的で、柔らかくクセがない。 一方、高山豆苗エンドウ豆の若い蔓先と葉を摘んだもので、まるで違う。 青々として、どっしりとした食感で、日頃食べている野菜類とはまるで反対。

清炒高山豆苗ニンニクの香りはいかにも食欲をそそる。 咀嚼するとしっかりとした歯ごたえが楽しい。 最初の瞬間、ニンニクの香りが来るが、次の瞬間、ふんわりと舞茸の風味が続いて、これは美味しい。

蠔油豆腐 (豆腐と豚肉のオイスターソース煮) @獅門酒楼.横浜中華街

蠔油豆腐 (豆腐と豚肉のオイスターソース煮) @獅門酒楼.横浜中華街

二皿目は蠔油豆腐 (豆腐と豚肉のオイスターソース煮) をオーダー。

オイスターソースの少し甘みのある優しい味わいが豆腐とベストマッチ。 ちょっと白飯が欲しくなる味だなあ。

豆腐を食べると、胃の腑からじんわりと暖かくなり、気持ちもほっこりするという感じ。 豆腐を使った中華料理は、豪華な感じはしないけど、家庭的な雰囲気があって、いいよなあ。

獅門酒楼

横浜中華街のグルメ中国料理l【 獅門酒楼 】しもんしゅろう:  http://www.shimonsyuro.com/

【横浜中華街 獅門酒楼】Lee (@shimon_lee) on Twitter:  https://twitter.com/shimon_lee

獅門酒楼 | Google+ ローカル:  https://plus.google.com/106127181394506765844/about

獅門酒楼

関連記事

蠔油豆腐

新着記事