#1303. 喜哈斎歓笑+碗蒸鮮蠣蒡@萬珍楼本店.横浜中華街 - 大雪。春節料理の大海老とすり身の味噌仕立て。牡蠣とゴボウの茶碗蒸し。

2014-02-08

横浜は大雪。 横浜中華街では、客足が少ないため早じまいの店も多い。

横浜中華街中華街お踊り萬珍楼本店で晩飯。 さすがに先客も少なくて、同じフロアには先客は3組のみで、とても静か。

雪の降る中を歩き回って寒くてしょうがないので、とりあえず紹興酒を燗にしてもらい、話梅 (ホアメイ, ワームイ) も。 話梅とは、梅干しを乾燥させた甘い乾燥梅菓子。 これを氷砂糖がわりに紹興酒に入れて飲む。 紹興酒に仄かな甘味が加わって、とても良い飲みくちになる。

春節料理 - 喜哈斎歓笑 (大海老とすり身の味噌仕立て) @萬珍楼本店.横浜中華街

春節料理 - 喜哈斎歓笑 (大海老とすり身の味噌仕立て) @萬珍楼本店.横浜中華街

料理は春節菜譜から春節料理喜哈斎歓笑 (大海老とすり身の味噌仕立て) をオーダー。 喜哈斎歓笑共に歌い、笑い、楽しく過ごせますようにの意味とのこと。

ねっとりした海老すり身のソースが絡んだ海老は、程よい半生加減。 海老は加熱すると固まってプリっとした食感になるものだけど、これは生っぽい食感が素晴らしい。 どう調理しているのだろう?

喜哈斎歓笑の合間に話梅を入れた紹興酒を、ちびちびと飲むと、ほんわりとしたいい気分になってゆく。

碗蒸鮮蠣蒡 (牡蠣とゴボウの茶碗蒸し) @萬珍楼本店.横浜中華街

碗蒸鮮蠣蒡 (牡蠣とゴボウの茶碗蒸し) @萬珍楼本店.横浜中華街

二皿目は碗蒸鮮蠣蒡 (牡蠣ゴボウ茶碗蒸し) をオーダー。 蒸し料理のため20分ほど時間がかかるとのことだけど、まあ、いいか。 紹興酒を追加オーダー。 料理が来るまでちびちび飲む。

碗蒸鮮蠣蒡は、日本の茶碗蒸しみたいな味を期待して食べたら、意外な味。 牡蠣の素材の味を使った料理で、どっちか言うとニュートラルな味わい。

関連記事

  • more 雪: 14 ...

新着記事