#1298. 皮蛋日光腐皮豆腐+酔蝦+清炒高山豆苗@獅門酒楼.横浜中華街 - 日光生湯葉とピータンのサラダ、酔っぱらい海老、台湾産豆苗の強火炒め

2014-01-31

本日は春節横浜中華街を抜けて帰宅途中、採青獅子舞に出会う。 爆竹も盛大に鳴って、何となく心が浮き立つ。

さて、帰宅前に横浜中華街中山路獅門酒楼にて晩飯。

皮蛋日光腐皮豆腐 (日光生湯葉とピータンのサラダ) @獅門酒楼.横浜中華街

皮蛋日光腐皮豆腐 (日光生湯葉とピータンのサラダ) @獅門酒楼.横浜中華街

最初に前菜がわりにビールと皮蛋日光腐皮豆腐 (日光生湯葉とピータンのサラダ) をオーダー。 皮蛋豆腐のアレンジ版かな。 柔らかな豆腐のような日光生湯葉と賽の目に切った皮蛋を、カクテル風に盛りつけた料理。 クリーミーで濃い目のソースの味が、とても美味しい。

酔蝦 (酔っぱらい海老) @獅門酒楼.横浜中華街

酔蝦 (酔っぱらい海老) @獅門酒楼.横浜中華街

酔蝦 (酔っぱらい海老) @獅門酒楼.横浜中華街

酔蝦 (酔っぱらい海老) @獅門酒楼.横浜中華街

二皿目は酔蝦 (酔っぱらい海老) をオーダー。 生きた海老紹興酒に放り込む。 苦しくなってバシャバシャ跳ねまわるが、しばらくしておとなしくなったところを、湯引きしてサーブという手順。

テーブルの上のボウルで海老がバシャバシャはね出したところ、隣の席の白人男性がオゥ・マイ・ゴッドと目を丸くしていた。 ついでに、席を立って、見物に来るし(苦笑) 紹興酒漬けの海老ですよ。茹でて食べますと話したけど、まるで聞いてない様子。 いい年配の男性なのだけど、まるで少年のように好奇心丸出し。 同伴の日本人女性がすいませんねぇ。初めて見るものですからと苦笑されていた。 なんだかほんわかした。

清炒高山豆苗 (台湾産豆苗の強火炒め) @獅門酒楼.横浜中華街

清炒高山豆苗 (台湾産豆苗の強火炒め) @獅門酒楼.横浜中華街

三皿目に清炒高山豆苗 (台湾産豆苗の強火炒め) をオーダー。 日本の八百屋やスーパーで売られている豆苗は、水耕栽培のスプラウトが多い。 だいたい柔らかくて、口あたりも良い。 この料理で使われるのはスプラウト豆苗ではなく、エンドウ豆の若い蔓先と葉を摘んだもの。 青々としていて、この時期が旬となる。

舞茸の旨味。 豆苗の食感。 シンプルだけど、どっしりとした味わいが良いなあ。

獅門酒楼

横浜中華街のグルメ中国料理l【 獅門酒楼 】しもんしゅろう:  http://www.shimonsyuro.com/

【横浜中華街 獅門酒楼】Lee (@shimon_lee) on Twitter:  https://twitter.com/shimon_lee

獅門酒楼 | Google+ ローカル:  https://plus.google.com/106127181394506765844/about

獅門酒楼

関連記事

新着記事