#1147. 鮮蝦腸粉+鼓椒牛胆+彩り冷やし中華@萬珍楼楼點心舗.横浜中華街 - 海老キシメン包み、牛モツの黒豆ソース蒸し、彩り冷やし中華。

2013-06-07

休暇の金曜日。 横浜中華街広東路萬珍楼點心舗 (まんちんろうてんしんぽ) にて飲茶的なランチ。 週末にはものすごく混雑する萬珍楼點心舗も、平日の昼過ぎということで、ゆったりと食事ができる。

さて、飲茶にしようと、 点心メニューを眺めながら悩む。 飲茶というと、餃子焼売といった決まりきったものを頼む人が多けど、その他にもいろいろと美味しい 点心がある。

鮮蝦腸粉 (海老キシメン包み) @萬珍楼點心舗.横浜中華街

鮮蝦腸粉 (海老キシメン包み) @萬珍楼點心舗.横浜中華街

最初に鮮蝦腸粉 (海老キシメン包み) をオーダー。 これは腸粉 (ちょうふん, チョンファン, チャンフェン) という点心の一種。

は外側の乳白色の皮を指す。 これは米粉を蒸したライス・ヌードル。 このライス・ヌードルで具材を筒状に巻いた形が、豚の腸に似ているので名前が付いている。 萬珍楼點心舗では、日本語訳にキシメンを当てているけど、キシメンとは似ても似つかない料理だ。

鮮蝦腸粉 (海老キシメン包み) に添えられている醤油ベースのタレをかけて食べる。 食べた瞬間はツルンとした食感。 噛むとモチっとした腸粉の食感と、海老のプリっとした食感が続く。

鼓椒牛胆 (牛モツの黒豆ソース蒸し) @萬珍楼點心舗.横浜中華街

鼓椒牛胆 (牛モツの黒豆ソース蒸し) @萬珍楼點心舗.横浜中華街

次に鼓椒牛胆 (牛モツの黒豆ソース蒸し) をオーダー。 豆豉 (トーチ, トウチ, トーシ) は、黒豆 (黒大豆) の発酵食品で濃厚な旨味が特徴。 牛肚は、牛のハチノス、つまり、第二胃のこと。 内臓 (モツ) 料理は苦手な人でも、濃厚な豆豉の味付けで、これなら大丈夫じゃないかと思う。

食べた瞬間、ハチノスとは思えないふんわりとした食感で、舌に豆豉のねっとりとしたソースが絡み付く感じ。 しかし、噛み締めると、内臓 (モツ) 独特の弾力のある食感が続き、最後に歯でプチンと噛み切れる。 何と言うか、ワイルドな気分。

夏日彩凉麺 (彩り冷やし中華) @萬珍楼點心舗.横浜中華街

夏日彩凉麺 (彩り冷やし中華) @萬珍楼點心舗.横浜中華街

最後は、点心ではなく、夏日彩凉麺 (彩り冷やし中華) をオーダー。

冷やし中華は、中華と名前が付いているけど中華料理では無い。 なので、わざわざ横浜中華街で食べることも…(以下略)

夏日彩凉麺 (彩り冷やし中華) に添えられた醤油だれとごまだれ @萬珍楼點心舗.横浜中華街

夏日彩凉麺 (彩り冷やし中華) に添えられた醤油だれとごまだれ @萬珍楼點心舗.横浜中華街

醤油だれとごまだれの両方が添えられて、お好みで味付けというスタイルらしい。 醤油だれは酢はほとんど使ってないようで、旨味も今ひとつ。 これだけだとパンチが足りない。 結局、醤油だれをかけまわして混ぜた後、ごまだれを追加して、食べるという仕儀に。 上品な冷やし中華だとは思うけど、これといって工夫や主張がなくて、残念ながら、今ひとつ感動が薄い。

外観 - 萬珍楼點心舗@横浜中華街

外観 - 萬珍楼點心舗@横浜中華街

萬珍楼點心舗の点心は、相変わらず得も言われぬ美味しさがある。 店内の華美に走らない上品さも素晴らしいが、接客もとても丁寧で、居心地の良さは一級品。

関連記事

腸粉
鼓椒牛胆

新着記事