#948. 自家製ハムのハチミツ煮 蒸しパン添え+天然エビの香港風オリーブ醤炒め+叉焼とネギの和えそば@一楽.横浜中華街 - 撈麺が嬉しい

2012-07-28

横浜中華街中華街大通り一楽 (いちらく) にて晩飯。

自家製ハムのハチミツ煮 蒸しパン添え @一楽.横浜中華街

自家製ハムのハチミツ煮 蒸しパン添え @一楽.横浜中華街

自家製ハムのハチミツ煮 蒸しパン添えは、メニューからオーダー。湖南名菜とのこと。手前が自家製ハムハチミツ煮で、向こう側のは揚げ湯葉。これを、添えられた薄めの蒸しパンに挟んで、サンドウィッチにしていただく。

蜂蜜の甘みと自家製ハムの旨味。蒸しパンのふわふわと、揚げ湯葉のさくっとした食感。対比が面白い。全体にフルーティーな感じがする。以前、何かの前菜で同じような味の料理を食べたような気がするんだけど、思い出せない。不思議な感じの味。女性に受けそうな気がする。

ビールを飲みながら食べたけど、これは白ワインが合いそう。

湖南料理 (湘菜) と言えば四川料理と並んで辛い料理の本場。俗に貴州人不怕辣 四川人辣不怕 湖南人怕不辣 (貴州人は辛いものを恐れない、四川人はいくら辛くても恐れない、湖南人は辛くないことを恐れる) と言われる。その湖南料理で、コレほど甘く軽やかな料理があるのは不思議だ。

天然エビの香港風オリーブ醤炒め @一楽.横浜中華街

天然エビの香港風オリーブ醤炒め @一楽.横浜中華街

天然エビの香港風オリーブ醤炒めも、メニューからオーダー。以前、菜香新館で食べたことがある。多分、避風塘花蝦かな?中華料理としては珍しくハラペーニョの辛味が効いていて、これは癖になる味。きれいな揚げ具合で、エビの皮のバリバリを食べられるが、それでいてエビ自体のプリっとした感じが楽しめて、非常に満足。

叉焼とネギの和えそば @一楽.横浜中華街

叉焼とネギの和えそば @一楽.横浜中華街

叉焼とネギの和えそば。これは撈麺と呼ばれる和えソバの一種。グランド・メニュー入りしたとのことで、早々にオーダー。

茹であげた麺に、チャーシューネギショウガのスープがかけてある。このスープがパンチの効いてて、上に乗せられた香菜 (シャンツァイ) が、いいアクセントになっている。個人的には、麺はもうちょっと固めの茹で上げでもいいかな。今度は頼んでみよう。

最近、一楽はいろいろ頑張っている感じ。呉店長によると、3ヶ月で季節メニューを変更してたけど、しばらくは1ヶ月半で変更してゆくとのこと。もうちょっと、訪問回数を増やそうと決心 (笑)

関連記事

自家製ハムのハチミツ煮 蒸しパン添え
避風塘花蝦

新着記事