#850. 韮菜鮮蠣+酔蝦@獅門酒楼.横浜中華街 - ニラと玉子の炒め物、酔っぱらい海老

2011-12-22

横浜中華街中山路獅門酒楼 (しもんしゅろう) にて晩飯。

韮菜鮮蠣 @獅門酒楼.横浜中華街

韮菜鮮蠣 @獅門酒楼.横浜中華街

韮菜鮮蠣は、料理の日本語名を忘れた(笑) 韮菜炒蛋 (ニラと玉子の炒め物) に牡蠣が入った料理かな?

玉子自体は淡白な味付けで、噛むと牡蠣の旨味がじわりと広がる。ああ、これは酒の肴にぴったり。

酔蝦 (酔っぱらい海老) @獅門酒楼.横浜中華街

酔蝦 (酔っぱらい海老) @獅門酒楼.横浜中華街

酔蝦 (酔っぱらい海老) は、活きた海老を使った料理。

酔蝦 (酔っぱらい海老) @獅門酒楼.横浜中華街

酔蝦 (酔っぱらい海老) @獅門酒楼.横浜中華街

生きてる海老紹興酒に放り込む。最初は大人しいけど、だんだん苦しくなって、バシャバシャと暴れだす。このため、飛び出さないように、フタをしておくわけだ。

酔蝦 (酔っぱらい海老) − 湯引き用の鍋 @獅門酒楼.横浜中華街

酔蝦 (酔っぱらい海老) − 湯引き用の鍋 @獅門酒楼.横浜中華街

そのうち静かになるので、取り出して湯引きしてできあがり。湯引きは食材を表面が白くなるぐらいまで、熱湯にくぐらせる調理方法。湯引きはお店の姐姐がやってくれるので、待ってればオッケー。

酔蝦 (酔っぱらい海老) − できあがり @獅門酒楼.横浜中華街

酔蝦 (酔っぱらい海老) − できあがり @獅門酒楼.横浜中華街

後は、手づかみで海老の殻を剥いて食べる。

この料理は、俗に言う海老味噌 (海老の頭のところにある) が一番美味い。紹興酒が染みこんで、得も言われぬ味。

身の方は、醤油ダレをつけていただく。程良く加熱されていて、ぷりぷりで美味い。

獅門酒楼

横浜中華街のグルメ中国料理l【 獅門酒楼 】しもんしゅろう:  http://www.shimonsyuro.com/

【横浜中華街 獅門酒楼】Lee (@shimon_lee) on Twitter:  https://twitter.com/shimon_lee

獅門酒楼 | Google+ ローカル:  https://plus.google.com/106127181394506765844/about

獅門酒楼

関連記事

新着記事