#730. 休日はフライパンでトースト

2007-06-03

だいぶ以前にオーブントースターが壊れてしまった。以来、トーストはフライパンで焼いている。これが意外に美味しくて、今更、トースターを買う気にはなれない。トースターだと、中の方の水分まで飛んでしまうのだけど、フライパンで焼くと、中の方はしっとりしていて、パンの風味が残るカンジ。

方法は、フライパンでパンを焼けくだけ。蓋をして弱火で焦げないように注意するだけで、特に何がいるというわけでもない。ポイントがあるとすると…

  • パンの焼く面はできるだけフラットで、面が密着するようにする。密着しない箇所は焼きむらになる。

  • あれば、フライパン用のクッキングシートを敷くと良いカンジ。

  • 好みだけど、パンは薄い方がベター。サンドイッチ用ぐらいが良いと思う。

ぐらいだろうか。

僕が一番好きなのは、焼き上がったところで火を止めて、たっぷりバターを乗っけて、蓋をする方法。余熱でバターが溶けて、トーストに染みこむのを待つ。トーストも冷めないし、バターも十分染みるので美味しい。

この方法で問題があるとすると、焦げないように付きっきりじゃないとダメだということだろう。平日はとってもそんな暇はないので、大抵は休日のブランチ用だったりする。

新着記事