#516. 桜鬼二人

2002-03-21

山桜人をば鬼と思ふべし

-- 一茶

闇の中、の下を歩く。ふと、思い出す。の樹の下には桜鬼 (はなおに) と言う鬼が棲むという。隣を歩く君の不確かな姿。闇は深い。

関連記事

一茶
  • more 俳句: 15 ...

新着記事